「ほっ」と。キャンペーン

油断するなここは戦場だ

カテゴリ:生物( 2 )




林原のチンパンジー

林原グループは先日経営破綻した中堅食品原料、医薬品原材料等の製造販売会社だが、メセナ事業にも熱心で、そのなかの一つに林原類人猿研究センターがある。スタッフ14名チンパンジー8匹のセンターの存続を求めた署名が今日 twitter 上にまわってきた。(http://gari-sonzoku.info/ )が、これをみてもどういう展望があるのかよくわからず困っている。

林原は負債1322億で会社更生法を申請した。法律に詳しいわけではないが管財人は主に債権者にたいして責任がある。つまりなるべく早く不採算部分を整理し、採算部門をだれが責任をもつかという体制を決めるために管財人がいる。今回状況は極めて悪い。不正経理があったので現経営陣はそっくりいなくなることが原則だろう。社会のルールとして、現体制のままセンターを継続するのは大変難しい。

一方で希少種であるチンパンジーをたくさんかかえるこのセンターの研究資産をスムーズに継承するということは、国際的にも大変重要なことだ。チンパンジーが8匹路頭にまよったということにでもなれば、どれだけ国際的に批難をうけるかは想像に難くない。管財人は研究上の価値やマネージメントについて不案内だろう。
銀行とのやりとりや、企業との交渉に忙しい管財人にとって魅力的な「引受先」を、研究上の価値やマネージメントに詳しい研究者が探す努力をすることが緊急に必要tされていることだろう。


署名をするにしても、実現可能な継承のスキームが全く提示されていないことに危機感を感じる。この不景気のなかで全体をひきとってくれる企業があるということは考えにくいが、民間企業に基金をつのるのだろうか?霊長類研究所が引き受けてくれるのだろうか。現状で運営費用は手当されているのだろうか。研究者はどうするのだろうか。運営体制なり引き受け先が決まるまで、チンパンジーの保護はだれがやるのだろう。残念なことにこのオンライン署名には、センターの資産の貴重性や、このセンターを運用する費用といった、「状況を実感できる資料」がほとんどない。もう少し具体的な情報とタイムラインがあれば、広い方にも興味を持っていただけるのではないだろうか。本当の責任者の方が発言されるのは難しいと思うが、関係者の方の情報発信を期待したい。
[PR]



by mihoko_nojiri | 2011-02-26 11:00 | 生物

青やんの思い出。[虫の嫌いなひと禁止]

iias つくばの農家直営の野菜売り場は私はあんまり買いにいかないんだけど、だんなは好きで週末の野菜はそこで調達される。土曜日。買い物リュックをあけると、青虫1号と2号が、内側に張り付いていた。大葉の束が出所のようだ。店内とちがいリュックに日があたって暑いし、だんなが汗臭いので逃げようとしたようだ。簡単なお弁当ケースの蓋に穴をあけて飼ってやることにした。

青虫は手で触ると雑菌がついて弱るのでティシュかなんかで救出する。1号の処理が終わってみると2号がみあたらない。可哀想だがあきらめになった。大葉を何枚かいれてしばらくするとウンコが2個おっこっている。安心したようだ。名前はあおやんに決めた。だいたいプリンターの上においていて、ちょっとお話したいときは PC のとなりにおいてしげしげとみる。子供よりかわいい。


きれいな緑だが、体の節がはっきりしていて、だるまおとしの側面のようなかんじ。体を立てに通って緑の筋があって背中のものが特に色が濃くて、深いところでどきんどきんと脈打っているようにみえる。なにかきれいなものが流れている感じだ。昆虫の循環系は半開放なのだけど、体の中から体液をあつめてまた体の中にまわす、背脈管というものだと @anhebonia さんにおしえていただいた。(カイコ幼虫の内部形態 http://bit.ly/ajV80D が恐ろしい。)

日曜。ともかくよく食べる。朝おきて葉をかえてきれいにして、昼までのあいだに15個くらい糞をする。びっくりさせると固まるが、それ以外はずっとたべている。こんなことでは一週間に何枚葉っぱをかえないといけないんだろうとちょっと心配になって、もう一束買いに走った。

月曜の朝は食事も仕事もけだるい感じで、こちらの気分を察したのか、あおやんは葉っぱの下にもぐりこんでいた。きれいな葉っぱに交換して、じっとみると昨日のようにがつがつ食べない。首をのばして、辺をみまわしたりしている。夕方帰ってくると、やはり葉っぱの下にもぐりこんでいるようだ。糞がほとんど見当たらない。もしかして冷房してないと暑さで死んでしまうのかと思って葉っぱをのけたら、ガーン糸をはいて繭のようなものを作っている。

「蛾だ。」

いいよいいよ、蝶じゃなくて蛾でも、私は青やん好きだし仕方がないよ、そうか「青虫=もんしろ」じゃないよな、そりゃ。朝は隠れる場所を探していたのか、わるかったね。ところでお前はだれ?と思って幼虫図鑑 http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/youtyuu/index.html を眺めるも、緑の青虫の種類の多いこと多いこと。しかも青やんに似ているものは大半が

「蛾」

で、しかも「かなり悪質な害虫」だ。園芸家の怨嗟の声がブログ上にあふれている。体が素敵な緑なのはもちろん見つからないための策略だ。

万策つきてTL になげると、ヨトウじゃないかといわれる。見てみると夜盗虫は夜な夜な畑にでてきて葉っぱをぬすんでいく夜行性の虫で、しかも、最終齢はきたない灰色、でかい。「青やんがこんなものになったらやだな、捨てようかな、(; ; )」 とおもったが、冷静になると、もうさなぎなんだから、大丈夫なはず。そう、結局、青やんの素性の手がかりは夜盗虫にあった。ヨトウムシはとんでもない害虫なので、見分け方の詳しい説明があったのだ、どうも、タマナギンウワバかその親戚らしい。青虫図鑑の写真とくらべるとタマナの方でよさそうだ。

青やんは今はプリンターの上で寝ている。静かにしているけど、完全変態をする昆虫の体のなかはとんでもないことになっている。神経と呼吸器官以外は完全に分解されて、体をもう一回新しく作り直さないといけないんだ。進化の過程のどのステップでこんな大技を発見したのか、これは、すごい謎なのではないだろうか?体の中をみたいけど、今はがまんだ。黒っぽい蛾がでてくるはずだけど、うまく羽化させるにはどうしたらいいだろう?



d0164049_20483531.jpg
d0164049_20475460.jpg
[PR]



by mihoko_nojiri | 2010-07-17 20:51 | 生物

physics at LHC
by mihoko_nojiri
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
宇宙物理
自分のこと
物理
生物

社会
未分類

お気に入りブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ここは酷いはやぶさ2の予..
from 障害報告@webry
OPERA実験/iPho..
from 土屋つかさの今か無しか
ここは酷い両極端ですね
from 障害報告@webry
ここは酷い停波祭り非参加..
from 障害報告@webry
【話題】チャリティサイエ..
from Science and Co..
【話題】チャリティサイエ..
from Science and Co..
[髮曽
from yyzz2;虫撮記【虫画像・他】
恒星間旅行に最も近い一冊..
from 404 Blog Not F..

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

最新の記事

コライダー勉強会のホームペー..
at 2015-11-20 13:32
コライダーの物理の勉強会
at 2015-11-09 17:45
コンパイラ
at 2015-11-06 22:25

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧