油断するなここは戦場だ

銭とベクレル(あるいは「みそさんが来た」)

今日(日曜)からジュネーブにある CERN に出張。つくばからはアクセス特急ができてかなり早くなったのだが、接続の悪い電車を2回の乗り換える間に眠りこむと大変なことになる。土曜日に鈴木みそさんのコミック「銭」と「限界集落温泉」の一巻を買ったので電車の中で眠気覚ましに読み出して、「これは大変なことだ」と思った。「しまったぁ」である。

ついこの間、鈴木みそさんは震災マンガの取材のためにKEK の広報室においでになった。KEK は茨城県のつくば市と東海村に施設があり、どちらも震災によって手ひどい被害を受けていて、現在復旧作業の真っ最中である.

評論家でもないので、ぐたぐた書く事はさけるが、作品を見るとみそさんの漫画の根源は、際立った人間観察・社会観察にあるようだ。取材の際は、通常のやりとりの間にひやっとするような質問を切り出されたり、
みそさんの質問にこ何かの方向性が突然現れたりするのを、横から興味深く拝見していたが、これだけの観察眼のある人の前に、なんの心の準備もなくうかうかと出て行ってしまったのはマズかったような気がする。
こういう人にかかると、普段の自分の意識しない面とか弱いところとかを、目の前に突きつけられてあたふたすることになる。。。。まあ、先にコミックを読んで、構えていくのもつまらないだろうから、これで良かったのかもしれない。みそさんにとっていい取材だったことを祈るばかりである。

              *************************************

金勘定は、物理あるいは科学の研究と似ているな、というのが「銭」一巻の感想だ。(「銭」は初版発行は2003年だが、近所の本屋には全巻ならんでいた。)

雑誌を印刷するのにいくら、本屋のマージンがいくら、原稿料がいくら、返本率がいくら、一定数以上は札束を印刷するのも同然の単行本(第弐話、参話).... ああでもそれうちの子は全部ワングで半額で買ってまっせ
と頭のなかで突っ込みを入れながら.... リアルは数字に置き換えられ、そしてその数字がなければリアルを理解することは難しい。

科学においても、現象はモデル化され、数字に補強されされる。そして、その数字を手がかりまた次の現象をひっぱりだしていくのが科学の営みである。いわゆる「科学クラスター」なり「物理クラスター」といわれる人たちが震災に関わる現象を語るとき、一部の人たちが感じている違和感もこの「定量化」にあるのだろう。

科学者は比較するのが得意だ。

内部被曝を例に取って考えてみよう。私自身は内部被曝を計算する練習を3月4月ごろによくやってみた。食品に含まれる放射線量(ベクレル/Kg)、あるいは、大気中に含まれる放射物質の量を(ベクレル/m^3)を
換算計数を使って内部被曝量を計算する。報道されるWBC のカウントや内部被曝量を、自然放射線による被曝量や震災直後の空間線量と比較して、重要性を考える。 そこでは内部被曝と外部被曝は同じ シーベルトという単位でそろえられて比較する。つまりベクレルやシーベルトは被曝量をはかる「銭」だ。今後さらに多くの ホールボディカウンターのデータ、食品検査のデータが出て、環境にある放射線と、被曝との関係はよりはっきりしてくるだろう。そうしてこのような定量化をとうして、効率的な対策を立てる事が可能になるのだと考えている。

こういう科学っぽい営みに伴う「つぶやき」に違和感をもつ人は常に一定数いて、ツイッターのエゴサーチでもよくひっかかる。それは「ちょっとでもはいっているからだめ」という気持ちだったり「リスクを比較するのが許せない」だったり「全部計っていないから心配」だったり「物理学者はなんでもモデル化できると思っている」という反感だったりする。しかし、依然として数の少ない食品の測定や標準的な指標からモデルにもとづいて状況把握をする作業は、被曝の実体をリアルに感じて、次を予測するのに必要な作業である。そして、私はそういう作業をする能力を、もっと多くの人が持つ必要があると感じている。

本物のの「銭」=お金の世界に戻ろう。人生に銭を持ち出すと反感をかうが、一方で銭がなくてはなんともならないことを我々は良く理解しているつもりでいる。しかしわれわれはその数に向き合っているだろうか?自分の収入や支出に直接関わる部分はだれもがある程度把握しているだろう。しかしそこから一歩外にでると、一見ここちよい外観に偽装された「銭の世界」はなかなか正体を表さない。コンビニで商品を買うときにわれわれは便利さと品揃えだけに関心があって、その店の収支データに想いをはせる人はいないだろう(第八話〜十話)。しかし、銭の世界が店のあり方を決め、間接的に我々の暮らしを動かしている。そして一つ一つの「銭の世界」とそれに関わる「人のあり方」のリアルに眼を向けたコミックが「銭」なのだと思った。

みそさん取材風景
d0164049_16421973.jpg

[PR]



by mihoko_nojiri | 2011-07-24 21:57

physics at LHC
by mihoko_nojiri
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
宇宙物理
自分のこと
物理
生物

社会
未分類

お気に入りブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ここは酷いはやぶさ2の予..
from 障害報告@webry
OPERA実験/iPho..
from 土屋つかさの今か無しか
ここは酷い両極端ですね
from 障害報告@webry
ここは酷い停波祭り非参加..
from 障害報告@webry
【話題】チャリティサイエ..
from Science and Co..
【話題】チャリティサイエ..
from Science and Co..
[髮曽
from yyzz2;虫撮記【虫画像・他】
恒星間旅行に最も近い一冊..
from 404 Blog Not F..

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

最新の記事

コライダー勉強会のホームペー..
at 2015-11-20 13:32
コライダーの物理の勉強会
at 2015-11-09 17:45
コンパイラ
at 2015-11-06 22:25

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧